トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
カテゴリ:製作のようす( 696 )
徳利・おちょこセット
f0028431_10181637.jpgやきものシリーズ
徳利・おちょこセットです。
青銅釉をかけた。はず…?(^^;
基礎コースなので、ものすごくスタンダードな形です。
以前やきもの市で、私の徳利・おちょこセットを買ってくれた会社の人に見せたら「売り物みたい。でも独創的じゃないねぇ」と言われました(笑)
基礎コースですからね。「独創的」を出していくのはこれからです。
見ておれ~(笑)
明日も教室の日です。
先日"白御影土"で作ったマグカップ&ソーサーの削りと仕上げをする予定。
せっかくだからスプーンもつけよう♪

f0028431_10182965.jpg作品を作るときに、判子があったらいろいろ遊べて楽しいかなぁと思い、"消しゴム判子"に挑戦。作品の後ろに押しているマークと同じ柄を作ってみた。
しかし! 消しゴム判子、難しいわぁ~!!
しかも粘土に押すには弱いかもなぁ…。
フィモ(オーブン粘土)で作るか、ゴム版で作った方がいいかも。
消しゴムは消しゴムで、紙に押す分には味がでて大変よいです。素朴な味わい。
[PR]
by nagomi-perori | 2006-03-24 10:18 | 製作のようす | Trackback | Comments(6)
基礎コース終了
f0028431_1604646.jpg先週で陶芸の「基礎コース」が終了しました!
やったー!
10月から始めて約半年。結構かかったなぁ…。
何はともあれ、あさってからは自由制作です。何を作ろうか、かなり悩んでいます。
粘土も教室にある種類なら何を使ってもいいそうなのですが、何があるのか、そもそもどんな風になるのかも判りません(^^;
釉薬もどんなのがあるか未だにわかんないし、どれを使えばどんな仕上がりになるとかさっぱりなので、何が作りたいかというイメージが湧きません。
よし!陶芸の本を探してこよう。

f0028431_161481.jpg上:基礎コースのどんぶり
下:ヒマだったから適当に作った猫。
[PR]
by nagomi-perori | 2006-03-20 16:02 | 製作のようす | Trackback | Comments(2)
鶴首一輪挿し
いやー。すっかりヒマ人。
最近、午後は○○、おもいっきりヒマ人です。
みのもんたに相談したい勢いです。
でも「みのもんたは、相談に乗る気は、無いっ!」と
長井秀和に言われたので、相談はしません。

f0028431_14124484.jpg昨日は陶芸の日で、窯出しの日でありました。
会社のお華やってる友達にプレゼントすると約束していたので、今日、早速渡したら
「ステキだねぇ~!うれしいわぁ~!大事に飾るね!」
と、大喜びしてくれました。
あぁ、プレゼントして良かったな。
あんなに喜んでくれるなんて…。

お華教室で余った桜をもらったので、記念写真を。
この時期に桜が見れるとは。きれいだなー。
札幌の桜が咲くのは、いつもゴールデンウイークあたり。
まだまだ先だなぁ…。早く咲けばいいのに。

ほかにも焼き上がった作品があるので、追々写真をUPする予定のす。
[PR]
by nagomi-perori | 2006-03-15 14:12 | 製作のようす | Trackback | Comments(2)
釉がけの日
昨日は久々の陶芸デーでした。
風引いてみたり、タイミングあわなかったりで、なかなか行けない。進まない。

昨日は基礎コースで作った、どんぶり、日本酒セット、鶴首一輪挿しを釉がけしました。
いろんな種類の釉薬があっておもしろいです。
種類が多すぎて、何の釉薬を掛けたか覚えきれないかもしれない…(^^;
しかも、2種類とか3種類とかの釉薬を何層にもかけたりするので、複雑な色合いに。
とりあえず、自分の作ったものは何を掛けたかメモしておこう。

釉がけの後、作りかけの筒型花瓶(基礎コース)の削り仕上げをする。
ちょっと斜めになったけど、先生に「いいんじゃなぁ~い。きれいに削れてるじゃん~」って言われたから、まぁいいか…(^^;
(ちなみに先生、母と同じぐらいの年。"じゃ~ん"とか言っちゃって、若いわ~ 笑)

12日が本焼きで、14日に窯出しするそうです。
どんな風にできあがるのか、楽しみだ~。
[PR]
by nagomi-perori | 2006-03-07 15:36 | 製作のようす | Trackback | Comments(0)
陶房天藍さんの個展
石の蔵ギャラリー はやし」へ、陶房天藍・小松さんの個展を見てまいりました。
小松さんは某共通点がある陶芸家さんで、一方的にとても興味をもっておりましたが、なかなかご本人とお会いできる機会がなく、今回やっとお話を聞くことが出来ました。
展示の様子を写真に撮るのをわすれちゃったのですが、和風でシンプルで使いやすそうで、なおかつ、かわいい作品ばかりです。
しかも、お値段もお手頃!
f0028431_15193224.jpg私が買ってきたうさぎのイラストをあしらった湯飲みなんて、650円! びっくりです。
現在とっても貧乏な私は、それぐらいしか買えませんでしたが、ほかにもかわいいものがいっぱいで、中でもすてきなキャンドルホルダーがあったのですが、泣く泣く断念しました…。
でもそんなに高くないんですよ? その安さに上回って私が貧乏なだけで…(泣)
値段設定が低いのは、小松さんのある考えがあってのことだそうです。
とても誠実そうな、しっかりした方でした。確か私と同じぐらいの年なのに…(^^;
小松さんと話をしていて、私ももっと頑張ろうと思いました。

そんな気持ちと裏腹に、今年に入ってから教室の日程と私の用事が重なったりで、なかなか陶芸に行けません。
基礎コースは11段階中、残すところあと4つです。でもなかなか進まない…。
今月は本焼きがあるので、いままで作ったどんぶりと一輪挿しとおちょこ&とっくりができあがる予定です。
どんぶりは自分で使いたいと思って作っていたので、すごく楽しみ。どんな色の釉薬を掛けようか…。

現在、とても壮大な(私のレベル的にね・笑)夢というか計画があり、勝手にあれこれ妄想しては毎日密かにほくそ笑んでます。
出来れば来年、それを実現させたいと思っていますが、どうなることか…?
ま、とにかく前に行くしかないですよね。地道にがんばろ。

-------------
石の蔵ギャラリー はやし
札幌市北区北8条西1丁目
[PR]
by nagomi-perori | 2006-03-03 15:22 | 製作のようす | Trackback | Comments(0)
生きる源
今週をふりかえると、月曜からものすごーく気分が落ちていて、自分でも「このままではやばい…」と思ったほどにひどかったです。
水曜日の会社帰りに、十石さんの「手のひらの器」展を見たあたりからちょっと持ち直し、今ではすっかり元気です。
なので心配ご無用。

「手のひらの器」展は、北海道の若手(?)陶芸作家さん数人の作品展です。
その名の通り、どれも「手のひらサイズ」の器ばかりで、小物好きの私は大満足でした。
中でも、前田育子さんの作品がすごく気に入ってしまいました。
ちいさいコップ型の磁器が無数に並べられているのですが、どれ一つ同じ柄はないのです。
土台に小さな穴を空いていて、釉薬をかけてある部分の光が透けるようにする方法があるのですが、それが本当にかわいくて、一目惚れ。
懐に余裕があったら買いたかった…。無念。

以前お世話になっていたpo-to-boさんも参加しており、相変わらず“乙女チック”でかわいい作品がたくさん並んでいて、そのテーブルだけ「メルヘンの世界」が繰り広げられておりました。圧巻!

おまけに、店内に置いてあったキャンドルにも一目惚れ!
陶芸屋さんでこんなすてきなキャンドルに出会うとは!
本当に独創的でかっこいい手作りキャンドルでした。(これも経済事情により断念…。もういや…)

十石のオーナー兼作家の橋本忍さんとも初めて話をすることができ、いろんな事を聞けて大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。
(前回は二枚目すぎて声をかけれなかった・笑 二枚目さんには話しかけれない人←)

やっぱり、雑貨ってすごいなーと思う。
私にとって雑貨は、大げさだけど「生きる源」ですね(笑)
あんなに落ち込んでいたけど、雑貨たちに救われた。
雑貨を見て、刺激を受けて、「自分も何か作りたい!」と思ったらどんどんアイデアが湧いてくる。
脳みそのもやもやが、すーっと晴れていく感じ。

よし!また目標決めてがんばるぞ!
[PR]
by nagomi-perori | 2006-02-24 12:07 | 製作のようす | Trackback | Comments(0)