トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
生きる源
今週をふりかえると、月曜からものすごーく気分が落ちていて、自分でも「このままではやばい…」と思ったほどにひどかったです。
水曜日の会社帰りに、十石さんの「手のひらの器」展を見たあたりからちょっと持ち直し、今ではすっかり元気です。
なので心配ご無用。

「手のひらの器」展は、北海道の若手(?)陶芸作家さん数人の作品展です。
その名の通り、どれも「手のひらサイズ」の器ばかりで、小物好きの私は大満足でした。
中でも、前田育子さんの作品がすごく気に入ってしまいました。
ちいさいコップ型の磁器が無数に並べられているのですが、どれ一つ同じ柄はないのです。
土台に小さな穴を空いていて、釉薬をかけてある部分の光が透けるようにする方法があるのですが、それが本当にかわいくて、一目惚れ。
懐に余裕があったら買いたかった…。無念。

以前お世話になっていたpo-to-boさんも参加しており、相変わらず“乙女チック”でかわいい作品がたくさん並んでいて、そのテーブルだけ「メルヘンの世界」が繰り広げられておりました。圧巻!

おまけに、店内に置いてあったキャンドルにも一目惚れ!
陶芸屋さんでこんなすてきなキャンドルに出会うとは!
本当に独創的でかっこいい手作りキャンドルでした。(これも経済事情により断念…。もういや…)

十石のオーナー兼作家の橋本忍さんとも初めて話をすることができ、いろんな事を聞けて大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。
(前回は二枚目すぎて声をかけれなかった・笑 二枚目さんには話しかけれない人←)

やっぱり、雑貨ってすごいなーと思う。
私にとって雑貨は、大げさだけど「生きる源」ですね(笑)
あんなに落ち込んでいたけど、雑貨たちに救われた。
雑貨を見て、刺激を受けて、「自分も何か作りたい!」と思ったらどんどんアイデアが湧いてくる。
脳みそのもやもやが、すーっと晴れていく感じ。

よし!また目標決めてがんばるぞ!
[PR]
by nagomi-perori | 2006-02-24 12:07 | 作ってます | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://peronyan.exblog.jp/tb/934331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< オーラ診断 私だけ…? >>