トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
「トトロの森を描いた人 男鹿和雄展」
f0028431_12411912.jpg「トトロの森を描いた人 男鹿和雄展」を見てきました。
とにかくすごいボリュームです!
私たちは係員さんに「空いている逆から見ても良いですよ」と言われて、コースを逆走して見ましたが、これ、大正解でした!(笑)

とにかく展示数が多いので、ものすごく疲れました!(贅沢な悩み)
私的にはじっくりと大満足なペースで見て、出てきたら3時間以上経過していました!(驚)
そして、前の方に進むにつれ、お客さんがテンション高い!(笑)
後半がなぜ空いているのか。それは後半は疲れてさらっとしか見れないからと判明(笑)
この混み具合でこのテンションでじっくり見たら、そりゃ進まないわ~!(笑)
中盤あたりで疲れて泣き出す子供も続出。
「もうちょっとだよー」とあやすお母さん、甘いぜっ(笑)
まだまだ先は長いぜっ!あと1時間はかかるぜっ!(爆)

私は千と千尋が大好きなので、「あぁ~、これはあのときの…」とか思いながら、しみじみと感激しました。
私は絵とかの展示は一人で浸りながら見るのが好きです。
しかし、当然「ジブリマニア」な方もいらっしゃるわけで…(笑)
「これは、あのときのシーンだよね!あの人がこーであーで…!」と逐一解説している男子がいたりして、若干ウザ~と思ったり…(笑)

でも、とにかく素晴らしい内容でした。
男鹿さんの細部までこだわってかかれた背景画は、背景にしておくなんてもったいない!そのまま飾っておきたい!
アニメの背景という事で、動く部分と動かない部分の仕組みが解説されているVTRがあったり、男鹿さんが実際に絵を描いているVTRがあったり…。
一枚の背景画も、よーく見ると紙に描かれた背景の上に、さらにセルに描かれた背景が何枚か重なっていたりします。
たとえば、お家のベランダから外の景色が見える様な背景は、外の景色とベランダが一番下、そのベランダを人物が歩くわけなので、手すりはその手前になければいけません。
なので、背景の上にセルで手すりが描かれ、さらにその手前にも家具が描かれたセルが重なっていたり…。
見ているとだんだんアニメの仕掛けがちょっとわかってきて、とても楽しい展示でした~!

応援の一押しを!
手作り部門で ランキング参加中~
 
[PR]
by nagomi-perori | 2008-08-25 12:16
<< やっと… 充実~ >>