トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
よたろうさん
f0028431_22505057.jpgf0028431_22505083.jpg

去年の写真と2年前の写真。
実家の長老、よたろうさん。今日死んじゃったそうです。
22歳でした。
ご長寿~。
妹が小学5年の時に拾ってきて早22年。
5年前ぐらいから「そろそろ寿命だよね」と言い始めたけど、最近では「もう不死身なんじゃ…?」と親戚一堂言っていたんだけど、化け猫では無かったんだね~
よたろうさんはかなり思い入れのある猫だったのでやっぱりショック。
それより、うちの父がかなり溺愛していたので、落ち込んでないか心配だ。
なにせ、父にしか懐いていなかったから。
ショックでボケなきゃいいけど…(いや、マジでね)

GWに会えるのを楽しみにしてたのになぁ。残念…。
[PR]
by nagomi-perori | 2008-04-23 22:50 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://peronyan.exblog.jp/tb/7909550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by utsuwatabi at 2008-04-23 23:27
今この日記読んで私もショック・・・
22年間も幸せに暮らしたネコなんだね
GWにはお父さんを慰めてあげてください
Commented by toubounonki at 2008-04-24 00:38
そうですか~・・・。
動画のよたろうさん、素敵だったなぁ。
こんなにご長寿でいられたのはきっとお父さんの愛情のおかげですね。

人間のお葬式でもご長寿だった方の時は湿っぽくしない、ということが
多いですよね。
よたろうさんのこともみなさんで楽しい思い出を語りあえるといいな~と
祈ってます。  合掌。
Commented by DON at 2008-04-24 06:17 x
よたろうさん幸せでしたね。
またご家族方も、22年間楽しかったんでしょうね。
みんな健康で長生きしてと息をひきとったんだと思います。
感謝ですね。
Commented by mofura at 2008-04-24 10:30 x
すごい長寿!
人間でいうところの104歳!!!
いままで長生きしてくれてありがとう!ですが・・・やっぱり悲しいですね。
自分の時の記憶が重なります。うちは家族全員号泣・・・。
お父さんのかわりに、今日札幌は雨の予報ですね。


Commented at 2008-04-24 11:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by atsumi_ceramicart at 2008-04-24 20:07
よたろうさん…、なんて素敵なお名前なんでしょう。
しかも関西弁、素敵です。
病気でもなく、ましてや事故でもなく、天寿をまっとうされたのでしょう。よたろうさんもご家族もさぞや幸せな事だと思います。
それでも、やっぱり22年も一緒だったわけですから、悲しくて寂しくてしょうがないでしょうね。たった1年しか過ごしていないエビの、いつかは訪れる最後の日を思うだけで切なくなるのに…。
少しでも早く、よたろうさんの楽しい思い出話が出来る事を願っていますよ。
Commented by enomono at 2008-04-25 08:35
よたろうさんって面白い名前ですね。
22歳はとてもご長寿です。
記録では36歳まで生きた猫もいるそうですが、
平均的には14~15才ぐらいのようですね。
うちのは今年で15才だからちょうど平均寿命ですが、
36才めざして欲しいと思ってます。
こうして一緒にいるといつまでも一緒にいるものだと思ってしまいますが、
やはりお別れの日はきてしまうんですね・・・
でも22年も一緒にいてくれて、親孝行な猫ちゃんでしたね。
Commented by nagomi-perori at 2008-04-25 14:16
◇みなさまへ
コメントたくさんありがとうございます~
自分ではイマイチ実感が湧いていなくて、ヘンな気分ですが、元気ですよー。
もう何年も前からずっと覚悟をしていたので、諦めに近い気持ちですね(^^;
いままでいっぱい動物を飼っていたので、いっぱい死んでるんだけど(爆)
どの動物も、実家を出てから死んでるので、イマイチ実感がわきませんねぇ…
よたろうさんを拾って来た時に、父が
「ダメだ~!生き物は飼わないぞ!明日すぐ捨ててこい!!」と怒っていたのですが、
一晩で父にべったり懐いて、捨てられなくなった…という経緯だったんですよ(笑)
それ以来、父にしかだっこさせない猫だったのです。
(つづく)
Commented by nagomi-perori at 2008-04-25 14:16
すごくきかない猫で、家族でさえ触ると噛みつく、威嚇する、やたらと気位高い猫でした。
子供も産んで(メスなんです・笑)、ウチには2匹息子さんがいたのですが、
どちらも先に死んじゃいまして。
父は怒りっぽいのですが、よたろうさんが来てからは、そうとう人間が丸くなったので、
よたろうさんには感謝です。
父の機嫌をも左右する、我が家の「影のドン」の様な存在だったので、父の落胆が心配です。
つい最近、庭でえさをあげてた野良猫一家の子供が轢かれたばかりだったので、なんだかかわいそうです。
Commented by Potter-Y at 2008-04-26 20:59
22歳のよたろうさん、まさにご長寿ですね。
これだけ一緒に生活していると本当に家族の一員ですよね。
うちで飼ってたネコも家を出ているときに亡くなったので実感がなかったんですが、
やっぱり身近にいるとさびしいですよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 連休初日 あと一仕事 >>