トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
カリタ・メリタ・コーノ
こないだの、ドリッパーの件。
私の知識不足でございました!!

先日教室で師匠に「ドリッパーの作り方がイマイチ分からない」と言うことを話していたら、
「これでしょ?」と師匠が持ってきたドリッパー&ペーパーフィルター。
なにこれ!? ペーパーフィルターがピザカット!!(笑)
こんなの初めて見たよーー!!(爆)
師匠に「何で“合わない”って言ってるのかと思った…。調査不足だね~」と笑われ…。

ネットで探したらありましたありました。
円錐のは「コーノ式」というそうです。
穴は大きいのが1個、どかんと開いています。
この時点で、私の作ったのはやはり植木鉢になるしかないと言うことが判明しました。
ちなみに台形のドリッパーは、3つ穴が「カリタ式」、1つ穴が「メリタ式」だそうです。
こちら、参考サイトです

はい、これ。↓コーノ式。
f0028431_19112529.jpg


コーノ式は最近コーヒー好きの間で流行りつつある模様…。
これはブームに乗らねば!!(笑)
と思ったら

「余談ですが、陶器のドリッパーはあまりお勧めしません。」

……ぎゃふん!




※ ※ ※ 追記 ※ ※ ※

なぜ陶器のドリッパーがオススメしないかというと、温度が低いと味がかわるそうで、
いったんドリッパーを温めねばならないので面倒…ということらしい。

めげずに作るよ、あたしゃ!
温めてから使えばいいじゃん!!
それが粋ってもんだよ!(笑)
[PR]
by nagomi-perori | 2008-03-05 19:31 | 製作のようす
<< 素敵な絵手紙 アイスキャンドル >>