トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
窯出し第一弾
f0028431_11364590.jpgはぁ~。やっと長い道のりの結果が出ました。
ぶっつけ本番だった茶色い釉薬(勝手に「チョコレイト」と命名)も、ちょっと怪しかった白鳳マットも、無事にきれいに出てくれました。
よかったよかった~!
縮れないかとか、ヘンな色になっていないかとか、とにかく心配でならなかったので、思っていた通りに焼き上がっていたのを見たときには、「君たち、よく戻ってきてくれたね!」と思いました(笑)
また新聞で包んで箱に詰めてタクシーで運び、家についたら今度はまた箱から出して新聞を剥がして…
毎度の事ながら、いったい何回「つ~つ~ん~で♪は~が~し~て♪(チューリップもとい、むすんでひらいてのメロディーで)」を繰り返した事やら…
焼けた後も安心はできません。まだまだ作業は続きます。
高台のヤスリ掛けと、外側が引っ掻き模様+焼き締めのため手触りを考慮してすべてヤスリ掛け。
ヤスリを掛けた後のホコリは、すべて一度きれいに洗っていますので、ご心配なく。
今回は「自分の作風を探したい」と思って挑戦したので、今までとは違う気持ちで、なんだか感慨深いモノがあります…。
よくやった、じぶん。
って、まだ1窯残っているんだけど…

展示会まであと少し。がんばるぞーー。

PS.自宅パソコンが本格的に壊れちゃったので、まだしばらく携帯写真です…(^^;
[PR]
by nagomi-perori | 2007-11-28 11:36 | 製作のようす
<< 窯出し第二弾 ランチョン >>