トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
ストーブ
f0028431_1158721.jpg我慢してた灯油を入れたのは、風邪以外にも理由があるのです。
それは、作品を乾かすため…(爆)
ウチは部屋が寒いし、なかなか作品が乾燥しません。
なので、ストーブの上に耐熱ボードをのっけて、ある程度乾燥した作品を並べて、
最終段階の乾燥させています。
(水分多いまま急乾燥させるとひび割れたりするようですので…)
これは前の教室時代に先生がやっていたのを、まねっこです(笑)
ウチのストーブはFFでもなく、上にやかんなんかを乗せられる
昔の型のものですが、これが大変重宝します。
蒸発皿はもちろんですが、シチューやカレーを煮たり、焼き芋をしたり出来るので、
このタイプのストーブはやめられません(笑)
そろそろ焼き芋しようかなっ。
[PR]
by nagomi-perori | 2007-11-08 11:58 | 製作のようす | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://peronyan.exblog.jp/tb/6792879
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Potter-Y at 2007-11-08 20:26
このタイプのストーブ、役に立ちますよね~。
お茶タイムのときのためにお湯を沸かしたり、
宴会タイムのときにするめやホタテを焼いたり。(笑)
Commented by nagomi-perori at 2007-11-09 11:22
> Potter-Yさん
宴会タイム、うらやましいなぁ~(笑)
お酒は飲めませんがつまみは大好きです!
Commented by かつみ at 2007-11-10 00:06 x
あねよ、どこを目指す・・・。とうげいか

ほんと、やかん乗っけられるストーブはいい。加湿もできるしね。
ゆめは、暖炉のある家
Commented by nagomi-perori at 2007-11-12 11:38
>かつみ
どこを目指せばいいとおもう??(笑)
暖炉のある家、建てて~!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ひとだんらく 愛しの六郎さん >>