トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
ちょっと脳内整理
昨日は出かける用事があったので、ろくろはおやすみ。
前からやろう、やろうと思っていた事をやりました。

じゃん。このビンです。
f0028431_1236325.jpg
色化粧土を作りました。
おいしそうですが、カビ入りです(屍)
放置していたら、カビてました…


昨日、教室で「何事にも手を抜かない事の大事さ」というのを先生といろいろ話していました。
ウチの先生、超スルドイので、手を抜くとすぐバレます…(笑)
そしてすぐ指摘してくれます(笑)
わかっちゃいるけど、ついついラクな方に流されがち。
でも、やっぱりラクしちゃいけないよね(^^;
そこをいつも指摘してくれるので、ズボラな私にはすごくいい監視役です(笑)
ましてや、陶芸方面には手を抜けるほどの力量なんてないわけだし。
だったら自分のできる範囲の事は手を抜かない。改めて自戒。

私には技術もないし、こじゃれたセンスもないので、それでも「自分らしさ」が出せる道を模索しなくてはなぁ…と思っている。
ウチの先生は「スタイリッシュ」とか「シャープ」とか、確固たるテーマ性があるし、そういうのが似合う人だと思うんだけど、習っているからといって私がそこを目指せるものでもないし、私の中にはないセンスだなぁって思うんですよね。
やっぱり人それぞれ、持ってるものがあって、私が持ってるものって何だろう?というのを探していきたい。
どこかで見かけて「あ、これってmizuさんの作品だよね」って、わかってもらえるような。
きっとね、表現方法や手法とかって、限られていると思うんですよね(今は全然知らないことばかりだけど)。
その限られた手法のなかで、自分らしさを出していくのがむずかしいところ。
そういう事の大事さを教えてくれたのも、橋本先生なので、お世辞とか抜きに本当に尊敬しています。改めて。

そんなことを思いながら、テストピース。
とりあえず、焼いたらどうなるかの実験。
f0028431_1235473.jpg




f0028431_12343918.jpg昨日の晩ご飯。
今日でカレーから解放されます…
[PR]
by nagomi-perori | 2007-09-11 12:38 | 製作のようす
<< アシンメントリー(だじゃれ) 汲み出しの練習 >>