トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
信達谷礼さんの器!
f0028431_1948469.jpg私が現時点でいちばん憧れている陶芸作家さん、
「SaraTime」の信達谷礼さんの器を購入してしまいました!
このページの写真の、手前から3個目の作品なのです!

ずっとHPを眺めては、すてきだなぁ~とため息ついてましたが、札幌では実物を見る機会が無いので、やきもの市で頑張った自分へのご褒美と思い(甘いな…)、思い切って購入しました。

で、今日届きました~!!!

実物は写真で見るよりも装飾が複雑!
見れば見るほどステキ~!!
手に持ったカンジも、すごくしっくりで、惚れぼれです。
あぁ、買って良かった…(泣)
大事にします!
[PR]
by nagomi-perori | 2007-07-25 19:48 | 作ってます | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://peronyan.exblog.jp/tb/5972653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ukky_tg at 2007-07-25 22:03
本当に素敵です。
複雑な装飾とのこと、ぜひ手元におきたくなりますねー。
素敵なごほうびをゲットですね♪ (^ ^)
Commented by unionsquarepotter at 2007-07-26 12:00
自分へのご褒美♪
うんうん、すごく頑張ったもんね〜^^
うつわも素敵!
mizuさんも素敵!

写真の手前から3個目
わたしもこれが1番好きだわ♪
良かったね〜☆
Commented by nagomi-perori at 2007-07-26 12:55
>ukky_tgさん
初めまして、ですね!他のブログさんでよくお見かけしております!
よろしくおねがいしまーす!
本当にステキなうつわで、なめ回すように見まくっています(笑)
早く何か盛りたいです♪

>豚足さん
自分に甘い私で~す(笑)
豚足さんの器もいつかgetしたいものです~
でも海外となると、送料の方がずーっと高くつきそう~(^^;
ステキなうつわ、眺めているだけでシアワセです♪
Commented by しん at 2007-07-26 18:37 x
私もブログよくみてます!
いいな~と思います!
いいな~と思うのに自分でつくるともっと色をつけて派手にしたくなる。。。
見るのと作るのはやっぱり違いますね~。
Commented by toubounonki at 2007-07-26 20:59
土の風合いがステキな器ですね!!
さりげなさの中に丁寧に手を入れているのが見え隠れ。
ステキな器を作る作家さんって知らないだけでたーくさんいるんだなぁ。
Commented by ayun_tougei at 2007-07-27 09:17
HP見てきました。やられました。ため息でまくりです。ステキ〜。
憧れの作家さんがまた一人増えました(うっとり…)。
ステキな器には人を幸せにする力があるんですね。すごいなぁ。
いつかそんな器を作られるようになりたいです。道のりは遠いですが^^;
ステキなご褒美、大切にしてくださいね♪

P.S 私も実物をなめまわすように見てみたいです!(笑)
Commented by nagomi-perori at 2007-07-27 10:25
>しんさん
しんさんもブログみていたのですね~
う~ん、確かに、自分が作るモノと好きなモノ、違う事も多々ありますね!
恋人にしたい人とと結婚したい人は違うの!ってカンジ?(ぜんぜん違うか…笑)

>陶房呑器さん
すてきでしょ~う♪
シンプルなのに、こっている。風合い感ですね!
本州の方の作家さんの作品もいろいろ見てみたいですね!

>ayunさん
やられましたか!(笑)
なんというか、「the!陶芸!」ってカンジがしなくて好きなのです♪
使いやすそうで、さりげなくおしゃれ~
こんな器が作れるようになれたらいいですね♪
お互い頑張りましょう!
Commented by Potter-Y at 2007-07-27 22:40
saratimeさんのうつわ、ブログでも前から拝見してますが、
あの質感がいいですよね。
こうなると実物も見てみたいです。
Commented by nagomi-perori at 2007-07-27 22:59
>Potter-Yさん
何とも言えない質感ですよね~
砂漠のに出来た波模様みたいな、なめらかだけど乾いたカンジというか。
うまく言えないですが…(^_^;
機会があれば、実物も見てみてください!ステキです!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 湯ノ里デスクさん 運命的な出会い >>