トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
器を使ってみた。
f0028431_2304150.jpg
先日焼き上がった器をいくつか自分用におろしてみました。
謎の粉がくっついて売り物にならなそうなモノたちです。

我が家の乏しい食卓事情なので乗ってるモノが寂しいですが…。
それでも食べ物が乗るとずいぶん表情が変わるモノですね~。
楕円のお皿は比較的良かったと思っています。
しましまのお皿は、焼いたら土の色がオレンジっぽくてびっくり!
高台付きのは化粧した部分がもっと白くなって欲しかったとこです。

さて、どんなもんなんでしょ??


f0028431_2305146.jpg昨日から大工仕事中。
やきもの市のディスプレイ用に、棚を作ってみています。
材料はALL百均。
昨日は板に色塗り。
今日は一段目の棚だけ釘を打ち付けました。
明日、2・3段目も釘を打ちまーす♪
あぁ~、釘打ちはいいねぇ~(うっとり)
[PR]
by nagomi-perori | 2007-06-30 23:05 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://peronyan.exblog.jp/tb/5764555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ちはる at 2007-07-01 19:35 x
すっごい素敵よ~!!!
Commented by nagomi-perori at 2007-07-02 16:35
>ちはるさん
あらま~♪ありがと~♪
Commented by ayun_tougei at 2007-07-03 09:30
わぁ、ほんとにステキ!^^ 料理が映えますね。しかもとっても使いやすそうです。
楕円皿と高台付きの器は両方とも粉引なんですか? すごくイイ感じです。
こんなの作ってみた〜い(還元ですか?) 
あぁ、ほんとに謎の粉の件が悔やまれます。一体どこから来たのでしょうね。
大工仕事も楽しそうですね〜。棚に載ってるフタつきの器もとってもカワイイ! 
こういうの大好きです♪ 売りものですか?( ̄ー ̄)ニヤリ
Commented by nagomi-perori at 2007-07-03 12:45
>ayunさん
ありがとうございます~
楕円の方は赤土に化粧刷毛塗り、わら灰マット釉、
高台の方は赤土に表面のみ化粧をスポンジ塗りして、表は透明釉、裏はわら灰マット釉で、どちらも酸化焼成です~
楕円の皿は使ってるウチに、自分でもだんだんと気に入ってきました(笑)
でも端っこをつまんでギザギザにちぎったので、「欠けやすそうだね~」と先生にご指摘されました(^^;
今のところは全然大丈夫ですけど、いろいろ勉強する事ありますよね~

謎の粉は、たぶん窯は棚板に付いていたゴミじゃないかという話になりました。
詰めるときはそういうのにも気を配らなきゃ行けないんですね(泣)
今後に生かしたいです!
フタものは売り物で~す(笑)
Commented by ayun_tougei at 2007-07-03 17:57
なるほど〜、どちらの器も化粧の塗り方などいろいろ工夫されているのですね。
参考になりました。ありがとうございます!^^ 
私もフチをちぎった器、よく作りますよ。手軽に雰囲気が出せる気がするので、つい…。これまで欠けたことはないのですが、確かに普通のものに比べたら耐久性低そうですよね。いろんな人に使ってもらえる器を作るというのはムズカシイことですね。むむむ。
謎の粉の正体は「棚板のゴミ」なんですか!? そんなの考えもしませんでした。いろいろ気をつけなくちゃいけないんですねぇ。詰めるだけでも大変なのに〜。
いや、でもホントに勉強になりました。私も次はもっと周辺に気を配りたいと思います。
フタものの器、やきもの市で実物とご対面できるのを楽しみしていますね♪
Commented by nagomi-perori at 2007-07-04 12:25
>ayunさん
陶芸談義、楽しいですね~♪(笑)
フチをちぎるのはぜんぜん問題ないと思いますよ♪素朴なカンジに仕上がるので、私も好きなんです~
私のこのお皿の場合、デザインや、厚さや、ちぎり方を総合して「欠けやすそう」という印象なんだと思います~(^^;

謎の粉の話を先生にしたら、窯詰めの時は棚板のゴミをちゃんとほろったり、出来るだけ窯の壁に触れないように、触れても腕をほろってから作業しないとゴミが入るよ~と言われました。
そんなの思いもよらなんだ…(^^; 失敗も全部勉強ですね~!

やきもの市でお会いできるの、楽しみにしています!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 写真の練習です 窯出し、第1弾&第2弾 >>