トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
窯出し、第1弾&第2弾
f0028431_12281975.jpg23、24日に窯入れした分を、昨日いっぺんに取りに行きました。
陶芸やさんのレンタル窯の分と、お友達の窯にお願いした分。
出てきた感想は…
ん~、イマイチ…_| ̄|○
これから売ろうとしているモノに、ここで「イマイチ」って言っちゃうのもどうなのかと思うんだけど、素直な感想です…(^^;
他のお仲間さんは「これ、いいんじゃない」と言ってくれたりしたけど、自分の想像とあまりに違ったので、「そうなのかなぁ…」というカンジ。
今までも作ってきた半磁器の羽根と雲のシリーズは、だんだんこなれてきて「うん、こうなるよね」っていう出来で、自分的には特に感動もなく…(^^;
そのほかのモノは、土も初めて自分で買ったので「えー、こんな色になっちゃったんだ…」っていうものとか、「こうなるだろう」と予想して施した装飾が思いもよらない風に出来上がっていたりというのがほとんどで、「さて、コレをふまえて本番のを作ろうかな~♪(逃避)」っていう気持ち(笑)
もちろんこれからはもう間に合いませんがね…(^^;

あと、レンタルした窯から出てきたものが軒並み「謎の粉」がかかっていて、作品にべったりくっついて取れない!
雲のお皿は真っ白に「つるん」とした光沢が命(笑)なのに、表面がざらざらなのや、ヒドイのは黒いブツブツが付いていました。ショックー。売り物に出来ないよ~。

初めて先生の付いていない状態で「自分の考えだけで作って、釉薬選んで掛けて…」という一連の作業をしてみて、先生が居る状況で作品作りする事がどれだけラクなのかを思い知りました。

f0028431_12285194.jpgということで、また秋~冬ぐらいに向けて展示会を企画して、今回うまくいかなかったモノを改善して行きたいなぁと思っています。(まだやきもの市も終わってないから!笑)

いとこの絵皿はすごくかわいくできていました!
たぶん現時点の状況だと、親戚で買い占めると思いますが…(笑)

それぞれの作品の写真は、反省もふまえて、後々じっくり載せようと思います(^^;
[PR]
by nagomi-perori | 2007-06-28 12:29 | 製作のようす
<< 器を使ってみた。 窯詰め第二弾 本焼き編 >>