トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
練り込み色素のパステルを作ってみました
札幌陶芸さんから「練り込み色素でチョークを作ろう」という紙をいただいてきて、さっそく作ってみました。
紙に書いてあった「色素に水を混ぜてから粘土に混ぜる」というやり方でやったのですが、このやり方だとどうも水分が多くなってしまい、べとべとで扱いづらくて大変でした。
数本作って行くウチに、手も汚れず作りやすい方法を発見したので掲載しまっす。

-------------------
■練り込み色素で作るパステル

<混ぜる割合>
半磁器1:練り込み色素1(下絵の具でも可)
(今回の分量)粘土10g:色素10g

<作り方>
f0028431_1321364.jpg
<1> 半磁器土10g・色素10gを計り、半磁器土を小さくちぎって容器に入れる。
<2> 色素の半量を粉のまま入れて水を数滴たらし、粘土となじむように練る。
<3> 粘土のダマが無くなるまで練る。この時はちょっと柔らかめで大丈夫。

f0028431_13214933.jpg
<4> 残りの色素を全部入れ、また水を垂らして全体がムラにならなくなるまで混ぜる。
<5> 粉っぽいと感じたら、慎重に水を数滴垂らしながら、ひとまとまりになる固さまで混ぜる。
<6> さらに手でよく練り混ぜて、チョークの形に整えて、よく乾燥させる。


f0028431_1322753.jpgできあがり!
買ってある色素は、チョコレート・ピンク・レモン・トルコ青の4種類でしたが、ピンクとレモンを混ぜてオレンジ色、レモンとトルコ青を混ぜてグリーンを作りました。
色を混ぜる場合は、粉の状態の時によく混ぜてから粘土に練り込む方がやりやすいかと思います。

今回粘土と色素を10gづつで作り、「少ないかな?」と思いましたが、出来てみると一般的なチョークぐらいの大きさのものが出来上がったので、お試しでやってみるには丁度いい分量だと思います♪
[PR]
by nagomi-perori | 2007-04-24 13:26 | 製作のようす
<< 石膏型作り講座 スコーン! >>