トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
作品作りのスタンス
f0028431_16391658.jpg
オーバルカレー皿、乾燥中。
目標の数作れたので、一旦本焼きに向けての作業に移ろうかと。

f0028431_16391619.jpg
昨日の午前中、小学校の陶芸体験の素焼きの撥水剤塗りを、お母さんチームがお手伝いしてくださいました♪( ´▽`)
本当に助かります〜m(._.)m

私、子供の頃からなんでも一人でやらなきゃと思っていて、人に頼ったり お願いするなんて恥ずかしいし、図々しいと思ってた。
だからといって、そんなになんでも出来るタイプでもなく…^^;
すぐキャパオーバーで、どれひとつ進まないパターンなんですよね^^;

最近、お願いしたり手伝ってもらうのは悪い事じゃ無いって、わかってきました。

いや、なんでも人任せは良くないけど。
(そもそも、そんな大胆な事を出来る神経は持ち合わせて無い)

お願いするのもコミュニケーション能力必要だし、どうお願いしたら気分よくお互いに目的達成できるか、楽しくやりとりできるか考えながらお願いします。

お仕事のお手伝いもそうで、何日に来てもらうから、その時に何をやってもらおうって考えて、「じゃあ、これを準備しておこう。それまでに素焼き終わらせておこう」とか、多少は段取りを出来るようになってきました。

一人でやってたら全てなし崩し的に、最終的には「あー、もう。寝ないでやればいいか…」ってなっちゃうので^^;

****

そんな中、最近、
「作品作りを誰かに頼んだりするのは、作家としてどうなのか?
それって自分の作品って言っていいのだろうか?
もの作りに対する姿勢が安易になってるんじゃない?
みなさんはどう思う?」
というニュアンスの、大好きな作家さんからの意見の投げかけがありました。
私もその辺りすごく悩んでたから、いろいろ考えました。

もちろん、全て一人で出来るなら、それがいちばんです。

私は現状、一人で出来る事って限られて来るし、朝から晩まで必死にやって出来る限界も見えてきた。
しかも、毎日毎日、朝から晩まで必死になれるわけでもなく、体調や気持ちにも波はあるってものです。
機械じゃないので。

私は頭がごちゃごちゃしやすいタイプで、苦手な分野がたくさんあります。
(多分ADHDっぽい部分があると思います)

陶芸は美大とか専門学校で学んだのでは無く、30代半ばになってから陶芸教室に通ったのがきっかけでして、そもそもスタートが遅く、43歳の今、やりたい事と体力が全然釣り合ってません…^^;
学生からやってた人が20代、30前半で「ガムシャラ」にやるところを、40済んでからやってるんだから、そりゃあもう…(笑)

でもおかげさまで、作品を褒めていただいたり、買っていただける事が増えて来ました。
今年に入ってからは、ありがたい事に、納品した作品が1週間ほどで完売したり、札幌の展示会でもほとんど完売したり、自分でも想像してなかった反応をいただいて、作品作りも精神的にも すっかり追いつけなくなってしまいました。
(でも、たくさん売れてるというより、圧倒的に作品を生み出す量が少ないだけなのですよ…^^;)

結果、私は自分にしか出来ない事を中心にして、私じゃなくても出来る部分は人にお任せしようと思いました。
とは言え、ほとんどが私にしか出来ない作業なんですが…^^;

下準備だったり、型打ちだったり、後処理を、たまにお願いする事にしました。

もちろんクオリティーは絶対に落としたくないから、私が作ったのと同じになるように、型作りもこだわったし、指導やチェックもしています。

型打ちしてもらった以降の装飾などは、一個いっこ私がやっているし、私が全く手を掛けていないものはひとつも無いので、ご安心ください。

これからどんどん新しい作品を生み出していきたいし、挑戦したいこともあるし、クオリティも上げていきたいと思っているので、よろしくご理解お願いしますm(._.)m

ちょいちょい「お手伝いちゃん」が登場しているから伝わってるとは思いますが、改めて、今の作品作りに対するスタンスをお伝えしようと思いました。

長文、すみません^^;

1日1クリック!応援のお願いします!







[PR]
by nagomi-perori | 2015-12-19 16:31 | プロフィールとご案内
<< SW オーバルカレー皿 >>