トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
教室のこと
今日も教室。今週3回も教室に来てるわ~(^_^;
ちょっと中毒か?(笑)

今日は先生のお知り合いの紹介と言うことで、2人の見学者さんがいらっしゃってました。
帰りにはお二人とも入会を決意して、来月から教室のお仲間になることになりました~☆
なんだか最近、教室がにぎやかです♪
今月から通い始めた方や、春になって冬眠から覚めた方々など…(笑)
今まで同期のWさんと二人っきりだったのですが、最近は教室のドアを開けると席が埋まっており、思わず「おぉぅっ!」と上田次郎並にのけぞってしまいます(笑)

今日は私に陽窯を紹介してくださった、メオさん&tamaさんが「ショカティー展」のDMを持って教室に遊びに来ました。
教室を卒業してからは初来訪と言うことで、しきりに「うわー!なつかしい!」と昔話に花を咲かせていました。
作業台の上には先生が生徒さんに質問されて、おもむろにマジックで「こうやるんだよ~」と説明しながら描いた、たくさんの図解が描かれています。
その中の1つをtamaさんが発見して「私に蓋ものの作り方を解説てくれた時のだ~」と感慨深げで、聞いていた私もなんだか“じ~ん”としてしまいした。
ここを巣立っていった作家さんたちも、こうやって一歩一歩成長していったのかな…。そう考えると、この作業台の、まるで落書きのようなたくさんの絵たちがとても大事な物に思えました。

なんというかこの教室は、高校の頃やっていた美術部を思い出させます。
同じ趣味の仲間が集まって、肩に力を入れる事なく好きな事におもいっきり没頭出来るって、大人になってからってあんまり出来ない体験ですよね。
帰りがけ、メオさん&tamaさん&先生と立ち話をしていて、「私は何でもやりたがりだから、ムリだと思ったら止めてくださいね」と先生に言ったら、「私、基本的にやりたい事は止めないから~。好きなようにやって失敗したらそれも勉強だし、何でもやってみるのが良いと思うよ~。それじゃなきゃ楽しくないじゃ~ん」というような事を言ってくれました。
この先生に出会えてホントに良かったなぁ、メオさんやtamaさんの後輩になれてホントによかったなぁ、と思った今日の教室でした。

こんなにステキな教室だから、たくさん生徒さんが来てくれたらいいのにな~

手作り部門で ランキング参加中~

[PR]
by nagomi-perori | 2006-06-10 03:08 | 製作のようす | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://peronyan.exblog.jp/tb/2461070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tama at 2006-06-10 09:26 x
昨日はついつい長居しちゃったわ〜。
すっかりmizuさんの作業の妨げ1号2号となってしまった(^◎^;)
やっぱり陽窯いいよね〜。私も高校の時美術部だったので、
mizuさんのコメント読んで、同感〜。
私も当時は中毒で(ま、今もだけど)
会社のお昼休みや(近かったからね)出勤前の釉薬かけとかで、
週10回以上通ったことあったもん。あはは。
じゃ、Tシャツ展でお待ちしてま〜す。
Commented by aki-potter at 2006-06-10 10:07 x
こんにちは~。
早速 おじゃましまーす。

とてもステキな教室みたいですね♪
私は陶芸教室は 働くがわだったのですが こんな良い雰囲気の教室だったら良かったのに~!と多少ハナイキが荒くなりました。(笑)

いろいろ実験したり、新しい技法を試すの、楽しいですよね~。
これからも、いろいろ見せてくださいね。
Commented by nagomi-perori at 2006-06-10 23:09
> aki さん
こんにちわ! 見に来ていただきありがとうございます♪
教室で働いていたんですか!? すごいです!
教室にもいろいろなやり方がありますよね。
私は前の教室で1度破門されかけたので(笑)、今の教室は本当に居心地が良くて楽しいです♪
いろんな方の作品をみて、好奇心だけでどんどん進んで行こうと思います!(笑)
Commented by nagomi-perori at 2006-06-10 23:10
>tamaさん
陽窯でtamaさんとメオさんに会えて良かったですよ~
先輩ですものっ!(笑)
それにしても、tamaさんの数々の伝説、大爆笑でした…!
なんとしても釉掛けしたい…!という情熱はすごいです(笑)
tamaさんも美術部だったんですねー! 同じだー☆
ショカティー展、すごく楽しみです! 待ち遠しい~!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< キャンドル講座開催~ キャンドルの作り方 >>