トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
ミュシャと私
f0028431_127440.jpg
「万獣こわい」を見に折角札幌に出るので、待ち合わせの前にミュシャ展を見に行きました。
ミュシャは高校の美術部の時に仲間の影響で好きになって、今でもすごく好きな世界感?です♪( ´▽`)

ミュシャと言えばこのパンフみたいな、女性とお花がモチーフの優しい色合いのデザイン画を思い浮かべますが、今回の展示は油絵やパステル画が多かったです。
時代的に、戦争や宗教をテーマにした作品が多く、ちょっと重めの印象でしたが、閉館時間まで堪能しました〜♪( ´▽`)

昔むかし、高校の美術部時代に、地元の駅前通りのシャッターに何か絵を描いてほしいと依頼されて、みんなで描いたのがミュシャの絵でした。
サビサビのシャッターを金ブラシでこするとこから始まり、デザインを写し、夏休みに毎日チャリで通いつめてペンキで描き上げました。
自分達でも納得いく、素晴らしい出来でしたが、卒業から数年経って、テナントが入って消されてしまい、写真も手元に残ってません。
残念だなぁ…。

最後に「岩内高校美術部」と青いペンキで署名を入れたあと、「やったー!出来たー!」と、脚立を(なぜか)揺らしたら、上に乗ってたペンキの缶が降ってきて、頭から真っ青なペンキをかぶるという大惨事…Σ(゚д゚lll)
マンガみたいですが実話です…(爆)
駅前通りのタイルや植え込みがしばらく青くて、通るたびにせつない気持ちだったのを思いだします…(´Д` )
思い返すと、昔からすっとこどっこいな人間だったなーと、改めて自覚しました^^;

最近、地元でその話をしたら、シャッターの絵を覚えていてくれた年下の人がいてすごく嬉しくなりました(*^^*)
私も友達も高校出てすぐに地元を離れたけど、下の世代の人達もみていてくれたんだなー。


1日1クリック!応援のお願いします!
[PR]
by nagomi-perori | 2014-05-15 01:26 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://peronyan.exblog.jp/tb/22044851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< ねずみの三銃士「万獣こわい」 スプーンおばさん >>