トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
二極化時代を乗り切るには…
f0028431_1543799.jpg実家から戻りました。
写真は実家から見える羊蹄山。
今回は結構充実していたなぁ。
陶芸も出来たし、地元の友達にも会えたし。

今年に入ってから、仕事の事、将来の事、陶芸の事についていろいろと考えていて、3年ぐらい今の教室で陶芸を勉強したら、実家に帰って作陶しようかなと思い始めました。



今、私は派遣社員としてWEBデザインの仕事をしています。
職場には全然不満は無いのですが、頑張ろうが何しようが、時給は上がるわけではないのですよ。
交通費はナシ、手取りで14~15万程度の給料で、時給制なので休みが多かったりするともっと少ない訳です。もちろんボーナスもない。
ここから家賃を払い、生活費を払い、WEBデザインの学校に行った(仕事しながら夜間に行ってた)ときのローンを払い、陶芸教室代を払うと、正直、他には何にも出来ません。
幸い、私は酒もたばこもギャンブルもやらないし、さらには化粧もしなければ、おしゃれにも興味が無いという女性失格な性分のため、よけいなお金はかからなくてイイっちゃイイのだけど、これでも余裕のある生活なんて出来ません。
年に数回、どうしても行きたいお芝居とライブに行くのが精一杯で、旅行にも行けない。飛行機なんてもう何年も乗ってません。
これで、おしゃれや化粧品に興味なんてあったら、とてもじゃないけどやっていけないと思うわ…。
話はそれたけど、まぁ、こんなカンジの生活なワケです。
「これが二極化時代か…」と身にしみる今日この頃なワケです。

今の会社は何年いてもいいんだけど、この先ビタ一文も時給は上がらないわけで、生活レベルはずーっとこのまま。
だからといって、給料アップを目指して今更この年で転職なんて相当厳しいし、この会社に来るまでは散々な状況の会社にばっかりいたので、この天国のような環境の会社からは離れたくない。
でも実際、現在34歳でこんな生活は切ないワケで、このまま40歳、50歳になってこの会社にしがみついているのかと言うとそれもどうかと思うし、普通に考えたら正直将来なんて真っ暗です。
(この時点で、将来に“結婚”の二文字は無い・笑)

そんな事を漠然と思っていて、「どうせ生活が大変なら、好きなことをやって大変なほうがいいじゃない」と思い始めたワケです。
もともと手作りは好きで、ずーっと「手作りを仕事に出来たらいいな」って昔から思っていたし、陶芸は何かわからないけど、自分にとってすごく相性がいいと感じているのです。
実家は元々、自営で板金屋さんをやっていたのでちょっと広い「工場」があるし(今は父のオーディオ部屋と化してる)、棚を作ったり道具を作るにしても、工具も道具もなんでもそろっていて、工房にするにはもってこいなのです。
父も何でもやりたがりだから、多分反対はしないだろう(今回の七輪陶芸を見ていて「よし!窯を作るぞ!作り方調べてこい!」と言い出したぐらいだから…笑)。

一番の問題は、向こうに帰って職があるかどうか。
当然、陶芸だけで食べていけるなんて思っていないので、なにか定収入を得なければならないのだけど、田舎だからあんまり仕事が無いだろう。
今、小遣い稼ぎのため副業として在宅でWEBデザインの仕事をちょっとしているのだけど、それがコンスタントにもらえて、なおかつ実家に帰ってもやらせてもらえれば、そこそこ生きていけるかも…?
地元でWEBデザインの仕事をやってる会社に働きに行こうか?
それとも営業して仕事を取ってこようか?
いろいろと、そんな事を考えていました。

今回、地元で働いている友達2人に、ちらりと話をしたら、やっぱり仕事はあんまり無いみたい…。
そして、2人とも「地元を出たい」と思っている…(^_^;
そうだよねー。私もそう思って札幌に来たんだもの…(笑)
さらに、別な友達なんかは、「地元なんてたまに帰るからいいって思うだけじゃない!?」と、「何言っちゃってるの?」ぐらいの勢いでぶった切られました…。
もう、ニュアンスが「そんな夢みたいなこと(→実家で陶芸)出来るわけないじゃん!」って感じ…。あはは(^_^;

でもね、世の中には会社勤めが向いていない人種っているんだよね、確実に…。
私は会社勤めで精神的にやられちゃって鬱病に悩まされた期間が何年間かあって、ストレスの怖さを味わったからなおさらそう感じるのです。(今は全然平気)
会社に勤めて、ストレス抱えながら毎日同じ仕事をこなして給料をもらうだけが、収入を得る術では無いんじゃないかな?
だって、世の中には会社を辞めて好きなことを始めて、それで収入を得て幸せに暮らしている人がたくさんいるのに、私にそれが出来ないって事は無いと思うんだよね。
もちろんこの年ですから、「好きなことをやる」と言うその裏にはいろんな苦労があることだって覚悟しているつもり。
その好きなことをやるためには、札幌では現実的にはムリだから、環境が整っている実家に帰ろう。
実家に帰れば畑もあって、自分で育てた野菜も食べられるし、大好きな猫だって飼えるしなぁ…。
私にとっては、そんなシンプルな事なんだけど…。

私は札幌がキライだからなおさらそう思うのかも。
この年になってこの街に向いていないと感じている。
だからなおさら、「戻った方がいいや~」と思ってしまうんだな。

とりあえず、まずは陶芸の事をもっと勉強しなきゃ話にならないから、先のことはじっくり考えようか。
3年後、私はどんなことを考えているんだろう?
[PR]
by nagomi-perori | 2006-05-07 01:53
<< うがー 七輪陶芸 その4 >>