トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
water!!
工房を作ってもらった時点で、すぐに付けてもらっていた台所。
水道も引く予定だったのに、父のやる気がすっかり無くなってしまい、早4年…。

最初は、シンクの脇にコックの付いたウォータータンクを置いていたんですが、水のでる位置が固定されるし、邪魔だし、見栄えも悪い。
しかも、パッキンが緩いのか何なのか、水がじわぁ~と漏れたりして、なんだかイヤーな感じで、結局台所は物置と化してしまいました…(爆)
そして、使ったカップや食器は、いちいち実家に運んで洗ってはまた持って来るという不便さ…。

今回、ギャラリー化するにあたって、やっぱり、台所はちゃんと使いたい。
お客さんが来ても、お茶の一つも満足に出せないのはイヤだ!(笑)

そこで、何とか簡単に、しかもお金を掛けずに流れる水を出せないかと考えあぐね、ネットであれこれ検索しました。
すると、キャンプをする方達が、自作でキャンピングカーを作ったり、車の中に簡易の水道を作ったりしているのを知ったのです!

その仕組みは至って簡単!

お風呂のお湯を洗濯に使うため、汲み上げるポンプがありますよね?
あれを水が入ったバケツにドボンと入れます。
そして汲み上げて来た水が出てくるホースを、シンクの上に固定。
f0028431_15253354.jpg
そしてスイッチをONにすると、当然の事ながら水が出ます(笑)

f0028431_15253790.jpg

あぁ、水が出るってステキ…。

スイッチをON・OFFするのに、汚れた手で触りたくない場合もあるし、押すのにもたもたしてる間にも水がどんどん流れてもったいないと言うことで、足で踏んでON・OFF出来る「フットスイッチ」なるモノも取り付けました。

なんて簡単なんでしょう。
そしてなんと言っても、ものすごく低予算!
ポンプとフットスイッチ合わせて、約3000円!!

世の中には色んな工夫で、いかに便利にするか考えてる人がいるのですね…。
本当に感動です。
水の出る量がすごい多いので、うまいこと水量を絞れないかなぁと思案中。
あとは、もっと大きい水タンクを導入したり、配線とか裏事情(笑)が見えないようにスキッとさせようと思います。

工房に流水がなくお困りの方!(居ないか…^^;)
ぜひ、お試しあれ!




[PR]
by nagomi-perori | 2012-02-16 15:52 | 工房とギャラリー
<< ネコのポット 母のフクロウ製作 ひとまず完成 >>