トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
母のフクロウ製作(その1)
去年から母が「フクロウを作りたい!中をくり抜いてランプにするんだ!」と言い続け、
数日前から製作を始めました…^^;

ちなみに母の陶歴は、
① 十年ぐらい前に観光地の陶芸体験で分厚いマグカップを作る。
② 3年前、板作りで手のひらサイズのフクロウの置物を作る。
そして、今回です(笑)

作る前から、夜な夜な鳥類図鑑やらイラスト集やらを見つめては、
出来上がり図を描いたりして、イメトレする母…。
「あぁ~、面倒な事になりそうだなぁ…」と思う私…(爆)

f0028431_135251.jpg
いざ、作り始めたら、でかい!!かなりでかい!!
ひもでどんどん積んで行くんだけど、どんどん高くなります。
恥ずかしながら、私もこんな大物作ったことないです…(爆)

私は主要な事とアイデアとそのやり方を口出しし、とんでもない事になった時は手も出しますが、
あとは基本放置です(だって、言うこと聞いてくんないし…爆)

f0028431_135328.jpg
数日間の母のイメトレの成果か、イメージはバッチリらしい…。
途中、風船作りの土台の頭頂部が陥没したり、ハプニングもありましたが、
耳(?)が付き、目が付き、だんだんそれらしくなってきました。

手つきと動きがやたら大胆なので、「芸術家の様だね…」と皮肉ると、
「私にこんな才能があったとはね!自分でも驚いたや!」と言い放つ母…。末恐ろしい!!
f0028431_1353331.jpg


f0028431_1332188.jpg
最初に作った止まり木を添えてみたら、思った以上の出来です。
ひえー!! どうやって焼くの…?

ただいま、灯りの穴をせっせと空けております…。


そして、私はといえば…。
f0028431_13383343.jpg
地味~に、猫のお皿を制作中…。


[PR]
by nagomi-perori | 2012-02-15 13:52 | 製作のようす
<< 母のフクロウ製作 ひとまず完成 陸の孤島と化している… >>