トップ
試される大地・北海道で、陶芸をしています。 .
お皿の削り
豆皿をたくさんひきました。
実は、今まで一度にこんなにお皿をひいたことがありませんでして、
たくさんあるので、どうやったらさっさか次々に削れるかなーと考え、
座布団方式にすることにしました。
ターンテーブルに直置きすると、縁がつぶれたり、
押さえるのに縁に粘土を貼った時に縁が変形したり、削るのに邪魔だったり、
削り終わったあと、ひっくり返すのが大変なんですよね~(私だけか??)

粘土で丸い座布団を作って乗せて削った方が押さえの粘土もいらないし、
ラクだと思ったら、、、お皿が座布団にくっついて、うまく剥がれません…(^_^;

f0028431_2213255.jpg
で、、、悩んだ結果、指を入れる切れ目を入れました。

f0028431_2214660.jpg
乗せるだけで、押さえの粘土をしなくても全然ずれません。
乾いてきたら時々ぬれぶきんでしめらせたり、
長時間放置する時はぬれぶきんを掛けてビニールで包んでおけば、かなり長持ちします。

f0028431_2215873.jpg
削ってる時に、指を入れて厚みを確認できるし、
剥がす時も両側からそっと持ち上げることが出来るので変形もしません!
これはかなり効率がいい~!!

……というか、みなさんはどんな風にたくさんのお皿を作っているのでしょう…?(^_^;
お皿が不得意の私としては…とても気になります…。
自分の無知具合を晒しているだけの様な気がしますね(^_^;


*-*-* おしらせ *-*-*
ブログでリンクさせていただいている、たち吉さんが運営している
「人ものコトNet」 で、器を紹介して頂きました~!
こちらです~♪

応援お願いしま~す♪
手作り部門で ランキング参加中~
 
[PR]
by nagomi-perori | 2010-09-09 22:20 | 作ってます | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://peronyan.exblog.jp/tb/14566194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あきら at 2010-09-09 23:40 x
指を入れる切れ目、ナイスなアイデアですね。ワタシはたくさん挽かないけれど、お皿の裏側を削る時は淵に負荷が掛からないように一回り小さい粘土のサークルを作り、そこに乗せて削るようにしています。
Commented by usupin at 2010-09-10 01:31
こんばんは!
mizuさんはシッタは使わないんですね?!
私の豆皿は合うシッタが無く、三分の一は「UFO♪」状態です^^;
無理にシッタを使わずして・・・これも有りですよね^^ 試してみます♪
Commented by t-tachikichi at 2010-09-10 18:48
こんばんわ。ご紹介ありがとうございました^^
創作現場の裏側ですね・・・素人的には、そんな風に!!
という印象です。

先ほど、リンク集のご登録フォーマットをお送りいたしました。
お手数ですが、ご入力いただければと思います。
今後ともよろしくお願いたします。
Commented by nagomi-perori at 2010-09-11 16:59
◇あきらさん
ありがとうございます!
「一回り小さい粘土のサークルを作る」、すごく良いですね!
今度やってみます!
Commented by nagomi-perori at 2010-09-11 17:01
◇ usupin さん
こんにちは!シッタは物によって使ったり使わなかったりです~
カップやボウルにはシッタを使うんですが、お皿って平らだから、どんなシッタがよいのやら…??です(^_^;
Commented by nagomi-perori at 2010-09-11 17:03
◇ t-tachikichi さん
こちらこそ、ありがとうございました!
私の作り方、あんまり参考にならないだろうなーと思います(^_^;
リンク集の件、ちょっと落ち着いてから記入させて頂きますので、よろしくお願い致しますm(_ _)m
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 企画展「はしおきと豆ざら」のおしらせ カエルの豆皿 >>